2018年08月01日

プロの試練

フィギア・スケーターの体形ですが、維持してるっていうよりは、
毎日厳しい練習してたら変化なんかないって思ってました、
でもじっさいは厳しいものがあるみたいです。

身長が1cm伸びるだけでもジャンプに影響が出るといわれるなかで、
特に女性的な体型に変化しやすいロシアや欧米の選手が、
成長期に一時スランプに陥るというのはフィギュア界ではよくある話なんですって。

そう、、、問題は身長なんです。

たしか真央ちゃんも身長が伸びたときにジャンプがうまくできなくなったといわれてましたよね。

五輪のトップにいくような選手は子供っぽい体型が多くて、
胸の大きい選手はなかなかいませんよね。

特にジャンプでは、(胸元で)両腕を締める時に邪魔になりますし、
胸が大きくなると回転が大回りになって、軸がぶれてしまう感覚があります。

体に重さが出ると、怪我にも結びつきます。

かつて安藤美姫さんも14歳で女子史上初の4回転ジャンプを成功させましたが、
やはり女性的な体になった頃には4回転の成功はほとんど見られなくなりました。

成長できなくなる、、というか、成長したら選手として成長できなくなる、、
そんな世界なんだろうか、、、キビシー!

2018年07月01日

どうしてあなたはそうなのだ。

なぜか攻撃的な言葉で話をしてくる人がいる。
どうしてあなたはそうなのだ。
何も、その人の相手(私ではありません)はしてないし、そんな態度で威圧しなくてもいいくらいなことに目くじらたてて怒ってる(ように見える)。
そこまでして威圧しなくても・・。

さっぱりわからない。あの心理。
いちいちつっかかってくるの、やめなさいよーー。
聞いてるだけでイライラしてくる。
そんなにとがってもいいことないよ。

さて、気持ちを切り替えて話題を変えよう(!)。

本当にがらりと話題は変わるが(!!)、
美容院の言葉が分からない。。

リタッチカラーってなんですか?

頭の上の方(髪の毛の根本のほう?)だけのカラーのことであってます?
分けわからなくて泣いた。
今ってこういう、時代の言葉を使うんだね、、困った。

新しい言葉はすぐに辞書に出てこないしね(!)、でもチマタでは広まってるだよね、
あせる~・・・・もっと普通の言葉のみで生きていきたい。。。(本音)

2018年06月01日

疑惑

なんとか疑惑、って言葉、、、そうですねー、最初に聞いたのは
「ロス疑惑」でしょうか。
知ってますか?ロス疑惑。

ロス疑惑っていうのは、奥さんをロスアンジェルスで誰かに銃撃させておいて「おいおい」と泣き崩れ、
派手な演出で日本に連れ帰り、(でも奥さんは亡くなる)
実は襲撃させたのは夫だった、、、かも??、、、という

疑惑、、、

の事件のことです。
最後まで謎のまま、容疑者は死んでしまうのですけどね。
これで「疑惑」というのをすごく使うようになった気がしています。

最近では「不倫疑惑」が多いですね。
これはもはや疑惑じゃなくて本当でしょ、って感じがあしますが、
あくまで疑惑。

あとはドラッグ疑惑。覚せい剤疑惑、かな。

芸能界は覚せい剤疑惑でものすごいことになってますね。
疑惑のまま終わる人と、とうとう捕まってしまう人といます。
覚せい剤はやめましょう!!

さて最後に、松居一代さん、、、この人は人の「疑惑」については語らず、
元・旦那さんの船越さんについては
「疑惑じゃありません」とピシャリです(笑)。

でもまだ世間的には疑惑ですよ、松居さん。。
離婚されて今は平和になったのかな。。

2018年05月01日

漫画で・・・

幼い頃、ベルサイユのばら、を漫画で見て、フランスの歴史を勉強(?)しました。
漫画だって役にたつのだ。

そこで、漫画によってあの天安門事件がないかなーってみています。
まだ見始めたばかりなのであまりでてこないけど、あるはあるみたいですね。
漫画がいいですよ、わかりやすくて。

dもその漫画も、描いてる人は相当調べているわけで。
頭下がります。

1989年に起きた天安門事件で、国内各省から派遣された兵士たちが、
民主化を求めるデモ隊に対し笑いながら無差別に発砲していたことを示す米政府の文書が、
事件からちょうど25年となってから機密解除されました。

笑いながら、ですよ。

米ジョージ・ワシントン大学(George Washington University)の国家安全保障公文書館(National Security Archive)が、
「情報自由法(Freedom of Information Act)」
に基づき取得して公開したこれらの文書では、
89年6月とある夜からとる日の未明にかけて中国当局が学生運動を武力弾圧する中、
中国全土に広がっていった混乱の様子が示されています。

米軍のある機密報告書は、ホテルの一室から天安門広場の様子を目撃した匿名の人物の話として
、武力弾圧が多くの死者を出すことを意図した「残虐」なものだったと記しています。

これは語りつがれていかなくてはいけないですね。

漫画ってすげーー。いい勉強になりましたわ。

2018年04月01日

バリ島で部屋を借りる

バリ島で部屋、アパートみたいなところを借りるとして、
だいたいどのくらいなのか?
5万えんだせばすごいところに泊まれます。
ガスと水がついてるところもあります。もちろんキッチンも。

バリ島滞在中の生活固定費になる家賃、できるだけ節約したいのであれば、
お得に借りる方法を知っておきたいですね。

一軒家タイプの借家は、通常1年間の家賃を前払いします。
大家さんに直接交渉ですから、2年以上借りるのであれば、
多少の割引をしてくれることがほとんどとなっています。

一方、冷房や家具付きアパートメントやコスの場合、
月単位で支払うこともできますし、1年分前払いしてしまうこともできます。

お得に借りたいのであれば、こちらも年単位で借りたほうが割引が利く場合がほとんどです。

現地に誰か知り合いがいれば、その人に聞きながらでも借りることはできるので、
まずはバリ島にごーー!!ですかね。

2018年03月01日

そんなことが、、、

去年の出来事ですが、女性ジャーナリストが殺された事件、
覚えていますか?

中海のマルタで爆発物によって殺害されたジャーナリスト、
ダフネ・カルアナガリチア氏、、、
この人は個人のニュースサイトで政治家らの腐敗疑惑を発信してきました。

活動は内部告発サイトになぞらえ
「女性1人によるウィキリークス」
とも称され、事件の衝撃は国内外に広がっています。

「母は法の支配とそれを侵そうとする者の間に立ったため、暗殺された」
と、カルアナガリチア氏の息子、マシューさんは、
自身のフェイスブックで悲痛な声を上げてました。

カルアナガリチア氏がマルタ北部の自宅を車で出た直後に爆発物が爆発したんです。

詳しい状況は不明だったけど、
車ごと近くの畑まで吹き飛ばされるほどの威力だったそうです。
マシューさんは現場に駆けつけ母を車内から助けだそうとしたけど、
できなかったとか。。。泣

こういう事があると、報道の在り方がいつも話題になりますが、
我々も、知るべき事、知らなくて良い事、の判断をしっかりしなくては、
って思うのです。

情報社会、、、ある意味とても怖いですね。

2018年02月01日

けんさん

高倉健さん、、、すごい好きでした、しぶいですよねー。

高倉健さんといえば、70年代(?)、
数々の不幸が重なった末に江利チエミと離婚して以来、
終生独り身を貫いたはずでした。

ところが高倉健さんの死後、突如現れたのが、養女の小田貴です。
貴は総額40億円と言われる高倉健の遺産をすべて相続。

個人事務所『高倉プロモーション』の代表にも就任しました。

養女とはいうものの、二人は世田谷の豪邸でともに暮らしていたと言われているとかで、
高倉健さんが“最後に愛した女”ではないかと話題を呼んでいましたっけ。。

しかし本人は公の場にはほとんど姿を現さず、沈黙を続けています。

小田貴さんは、事実上の妻として高倉健と同居してきたらしいです。
生前、その存在が頑なに伏せられていたのは謎。

彼女はその死を親戚にも知らせず、火葬場で密葬を取り仕切って不信を買うんです。

高倉健の実妹をはじめ6人いる甥姪たち近親者でさえ、
誰も彼女の氏素性を知らず、いまだ会ってもいないのであーーる。
うーん、、、謎も多いし、なにが目的なのかもわからない。

2018年01月01日

イレギュラー

とある企画があって、それは3泊でこういう日程で、、、って決まっているとします。
でもなかには2泊で帰りたい人もいる。
それはいい、勝手に帰ったらいいのだ。
でも、「まけてくれ」と言われたら。どうします?
企画してる側は少し慌てますね。
出来れば「料金はちゃんと払ったうえで勝手に帰る」がいい(!)。
そうでしょ、企画は決まっているものなんだから。
勝手に帰るのはいいけど、料金をまけてくれ?
3泊が2泊になるから、という理屈なんだろうね。
そういうもんじゃないよーー。
できないことはないけど、条件がいろいろあるんですーー。どうかご理解をーー。

とうことで、いろいろな人がいて、いろいろなこと言ってきますわ。
対応はするけど、おもしろいのもあって笑っちゃう。
でも、困ったちゃんばかりではストレスたまるねー。

ストレスはいけないので、なんとか1回1回解消していきたいと思ってるところです。

なにか企画してる人って、ありとあらゆる事が来るって構えてますかね?
構えてないとびっくりすることもありますね。
でも、かまえすぎても疲れる。
難しいところですねー。

ということで、今年もよろしくお願いします。

2017年12月01日

プリントアウト

家にプリンターはあるけど、調子が悪いので図書館でプリントしてもらってる。
面倒ですが、直るまではこれでいくしかない。
不便かって言われたら、これがあんがい楽しいんですよね。
図書館にいく機会も減って来たし、行けばそこにはいろんなドラマもあって楽しい。

図書館というところ、け結構好きなんです。
昔はよく行ってたなぁ。

飛び跳ねたり、うるさくしてはいけないところ。
でも子供がいると時々うるさくて、勉強なんかしてると「うるさいなー」って思うこともある、
でもそれも含めて図書館なんですよね。

最近プリントアウトのために行っていて、あらためてそう感じました。
プリンターが壊れたのもそういうのを思い出すためでしょう(!)。

近いからいいけどえ、遠くて寒かったら嫌だったかも(笑)。

とにかく、そんな感じで図書館通いです。でも楽しんでいます。

2017年11月01日

無痛分娩

無痛分娩で事故が起こることがあるんですよね、ニュースにもありますね。時々。

とある初産だった女性。
小柄な体形に比べ、おなかが大きくなっていて、
とあるクリニックは実家に近く、当初は自然分娩の予定だったというのですね。

遺族によると、男性院長からは、出産が困難な際に吸引カップを使う
「吸引分娩」をしながら無痛分娩をすることを提案されたという。

女性の母親は止めたため、女性はためらっていたけど
院長から説明を受ける中で「病院だから大丈夫だよね」と、無痛分娩での出産を決めたんですが、
事故が起こったんですねー。
可愛そうに。

生まれてきてくれた子供は育っているようですが、お母さんは亡くなってしまった。
自分の誕生日に。こんなのないよねーー。

無痛分娩をどうして勧めるのかも分からないけど、お産は危険なのです。
よく病気じゃないし、なんていうけど、危険なのですよ、
じゅうぶんに注意wおはらってやってほしいですね。

痛くないお産なんてないのです。
そうなったらいいけど、確実に安心なものでなかったら意味ないですね。

ご冥福をお祈りいたします。。